HMX.NETタイトル
その日にあった事柄をオープンソースな環境でだらだらと書いてる日記です。
ボクの私生活もオープンソースっていうことでいかがですかね(お
line


line
  • チャリンコこいで駅前の駐輪場へ。
    途中のなか卯で豚丼。久しぶりなので(゚д゚)ウマー
    駐輪代150円。往復のバス賃考えると半額以下なので安いのな。
    電車の中でiPodシャホーで音楽聞こうと思ったらバッテリ尽きてやがんの。
    ツイてねえ。
    秋葉のドキュモショップへ。
    滞納してた金払ってさくっと解約。
    俺にとってのミカカドキュモは悪しき負の遺産なので解約してマンセーなんですが。
    といいますのは、俺がミカカドキュモの携帯持ったのは、当時付き合ってた彼女と連絡を取るためでして、その彼女はその後俺と結(ry
    宇津田氏膿。
    FOMAカードが目の前できれいなおねいさんの手で使用不能に斬られたのがちょっと萌え。
    もう来ることもないドキュモショップから出てラヲクス。
    上のほうで紹介した書籍を購入。
    本当はAIX RedBooks(5)かってWLMのとことか読んでハァハァしてRPMの本買ってハァハァする予定だったのだがまあいいか。
    サーバにつなげて使う14インチクラスの適当な液晶モニタを探して回ったがなかなかデザイン的にぐっと来るやつがなくてあきらめモード。
    IBMの中古が12k円とかだったから買っておくべきだったか。
    でもドット抜けあるのもなんかヤダ(w
    PA-RISC Linux に興味があるのでH/Wの視察をかねてぶらぶら。
    PA-8500の機械って10万でおつりくるのな。
    PA-8500って速いのかどうか俺全然しらんけど。
    というわけで調べるためにJAM。
    ブラック飲みつつ愛用のPowerBook G4/12inchでちょろちょろと検索。
    (※ 私用外出時や自宅ではThinkPadではなくPowerBookなのです)
    PA-8600 552MHzで1180.3BogoMIPS、PA-8500 400MHzで826.8BogoMIPSか。
    Alpha 21264A 667MHzで1330.04BogoMIPS、標準Mac mini PowerPC G4 1.42GHzで1413.12。
    経験則で俺的に快適に使えるクラスは1000BogoMIPS以上と考えるとPA-8500以上で500MHz以上のクロックが必要ということか。
    価格的に手がでるのはPA-8600/552MHz程度までだな。
    それ以上は遊ぶには高価すぎる。
    というわけで、PA-8200/236MHz搭載機であるところの HP9000/C240 をテスト機で借り受ける当てができたのでそれいじって遊んでみてから考えてみゆー。
    俺って恵まれてるよほんと。
    ありがたや。
    で、早々に秋葉を撤収し、ネオ小岩駅と自宅の間にあるバーミヤンでラーメン喰って帰った。

line

  • COMPAQ AlphaStation XP1000 EV67/667 AlphaCore 1.0 で俺色に染めた!
    xp1000_ac10_99.jpg
    んで、デスクトップ。
    20050528_xp1000_m.png
    標準搭載のxmmsはMP3が再生できないよう作られているので、MP3を再生できるようにする改造を入れてあります。
    TurboMediaPlayerとxine-lib、それに必要なライブラリ群は俺がPowerPC向けにビルドやつを手直しして使ってます。
    システムの詳細はインフォセンター見てCRAY。
    というわけでおまえも今日からLinuxマシンだ。

  • 昨日はハナキンだったので定時退社後秋葉へ。
    20050527_pw.jpg
    以前うっかり予約してしまった プリンセスうぃっちぃず 豪華初回版 を査収。
    その後Linuxで使えるUSB音源を物色。
    20050527_usbsound.jpg
    懲りずに買った。
    で、最後。
    20050527_gbe.jpg
    IBM 30L7079 Netfinity Gigabit Ethernet SX Adapter (2枚)とIBM 22P6805 PRO/1000XT Server Adapter by Intel。
    1000BASE-Tはこの前一枚しか買ってなかったのでリダンダント用にもう一枚、SXの方はとりあえず安かったので2枚買ったがそれでもまだ売れ残ってた。
    SXは相当需要がないとみた(w
    共にLinuxで利用可能。
    22P6805に関してはCompaq AlphaStation XP1000で動作確認済み。
    次は光対応のスイッチでも買うか。。。

  • 最後、BPさんとこ行って 購入予定のパソコン の機器構成変更見積依頼と機器発注の件で話し合いを。
    当初は7月に買うと言っていたのものですが、諸般の事情で一ヶ月早めることにしました。
    BPさん、いつもうちの我が儘を聞いて下さってありがとうございます(;´Д`)エウウ。
    機器仕様変更(MES;Miscellaneous Equipment Specification)は出荷時にやってもらうよう依頼。
    これでセカンドプロセッサ増設、PCI Expressライザーカード交換作業、リモート管理アダプタ実装作業は俺やらずに済む。
    俺がやればいいのはSXアダプタの実装だけ。
    オプションフィーチャーを自分で組み込む作業やってる時間があったら他のことやりたいんで。
    この構成だと納入価格は約60万くらい、機器は来月頭発注、納品は来月上旬を予定。
    今回の構成ではメモリが1GBしかないのであとで追加発注して合計5GBにするか。
    ちなみに このパソコン 、納品先は、俺の家(w

line


line


line


line


line


line
  • さて、xine-libとTurboMediaPlayerのAlphaへの移植作業を行いますか。

  • kde-alloyのalphaビルドを作成しました。
    だんだんいつものふいんきになってきた。
    まさる師 からXserverが腐ってるかもとかいうアドバイスを戴いたのでちょいとグラフィックスカードを替えてみるです。
    とりあえずPermedia2とG450とNV11を試してみよう。
    結果。
    やっぱダメだった。

  • KDEの言語を日本語にした。
    フォントはすごくショボいけどいちおう日本語が表示されるようになった。
    言語を替えたのはKDEだけだから、GTKベースのアプリの表記は英語のまま。
    仕方がないか。
    あくまで暫定対処ということで。

  • 記事を書くべく初期状態に戻してAlphaCore1.0を導入中でございます。
    記事では、旧パーツしかサポートされていなかったXP1000が、Linuxという共通プラットフォームにより、現役でも十分使えるワークステーションに復活する課程をご紹介できればと思います。
    サウンドカードがイマイチなので、 Linuxで動作するサウンドカード を物色しようと秋葉原にいこうかと思ったが、結局手持ちのUSB音源で事足りたのでアキバ行くのやめた。
    っていうかそれ以前の問題が。
    AlphaCore、GUI環境が不安定で使い物にならん。
    KDE:KDEメニューを表示させたとたんにキーもマウスも受け付けなくなる。
    GNOME:GNOME端末が高頻度で強制終了を食らいまともに使えない。
    xfce:そもそも入れていないため使えない。(入れてあったとしても使わない)
    同じRISC版LinuxのYDLのように簡単には行かないようだな。
    くそう。
    あれこれやってみて正常に動作する場合とそうでない場合の切り分けができた。
    AlphaCoreでKDEを使う場合はロケールを英語にしないと動作しない。
    一回再導入を行ってGNOMEやxfceを抜いてKDEのみの最小構成で環境を作り直したためGNOMEでの追試はできていないが、おそらくはGNOMEの不安定な点もロケールの問題から来ているのではないかとおもわれる。
    厄介なことになったな。。。
    せっかくハードウェアがすべて使えるようになったと思ったら、今度は言語で問題か。。。
    くそう、日本が戦争に勝って、世界標準語が日本語になっていたらこんなことになならなかったのに。。。