ハードウェアレビュー:Itanium 2 搭載ワークステーション hp workstation zx2000

hp workstation zx2000:Windows 64-bit


 IPFの64-bit環境用に作られた64-bit版Windowsである「Windows Server 2003 Enterprise Edition for 64-bit Itanium-based systems」(以下Windows64)を導入してみたのでIA-32版との違いについて見てみよう。
 本来はWindows XP Professionl 2003 64-bitを導入したかったのだが、日本語版がないので、Enterprise Serverを導入した。


【写真】 zx2000のデバイスマネージャ

 コンピュータのHALは「ACPI IA64-based PC」となっているのがわかる。システムデバイスにはHP zx1特有のデバイスが見受けられる。zx1関連のドライバは標準では組み込まれないので別途組み込む必要がある。
 ちなみにFDDが2ドライブになっているが、これはUSBのFDDを2基つなげたためだ。zx2000には標準でFDDはつながっていない。


【写真】 ディスクの管理

 ディスクの管理画面。OS導入時に必ず割り振られるドライブレターのないパーティションはこの「EFIシステムパーティション」というものだ。zx2000起動の項目でEFIからこの領域にアクセスしたが、この中にはOSブートの部分などが格納されている。そういう部分ではRISCベースのシステムにNT系OSを入れたときに必ず作る「システムパーティション」と同じだ。


【写真】 環境変数

 OS導入直後の環境変数ではないので筆者が追加した変数が混じっているが、ここで注目すべきは、PROCESSOR_ARCHITECTURE、PROCESSOR_IDENTIFIER、PROCESSOR_LEVELの三項目だろう。PROCESSOR_ARCHITECTUREは「IA64」を返しPROCESSOR_LEVELは「31」を返す。CPIIDには通常の「family」のほかに「extended family」があり、Itanium2やPentium4は「F(=15)」を返すようになっている。この値を返すのはEAXの8-11bit目で、初代Itaniumは「7」を返す。familyがFの場合は20-27bit目のextended familyで判別するようになっており、Itanium2はそこが01hになる。ゲームのCPUID判別プログラムなどではEAXの8-11bit目しか取らないため、15を返す。Windowsではextended familyも合わせて取得するようで、31という値が変数として格納されている。
 ちなみに「ProgramFiles(x86)」などというのもIA-32には見られない変数だが、Alphaでは同様な変数が設定されていた。IA-32用バイナリを導入するときはこのパスが表示されるようになっている。


【写真】 2つのインターネットエクスプローラ6.0

 驚くことにスタートメニューには2種類のインターネットエクスプローラ6.0が存在していた。片方は通常の32-bit版、もう片方は64-bit版だ。
 スタートメニューにはすでにIA-32用アプリケーションが導入されているが、これは筆者が導入したもの。いままで数多くのIA-32用アプリケーションを導入したが、WinDVD2000、Photoshop5J、PocketPC Active Sync、MediaPlayer9(x86)の導入ができなかった。ハードウェアに関連する複雑な処理を行なうようなアプリケーションは導入が難しいようだ。MediaPlayer9はIA-64ではサポートされず、導入しようとしても導入できない。従ってCDやMP3を聞いたりMPEGやAVIを見ることができないが、コーデックやAPI自体は実装されているのでフリーソフトを使えばマルチメディア関連の問題は解消される。IA-32版同様にAudioサービスが標準では無効になっているため、有効化してから起動させることが前提条件だ。
 また、IA-32版Enterprise EditionのようにLunaをいれてXPライクにWindowをカスタマイズすることができない。これは機能があっても使えないというのではなく、Windows64にはそもそもThemeサービスが実装されていないからである。IA-32版の場合は同サービスが実装されているが開始していないため、設定を変更すればWindowの変更が可能だった。


【写真】 32-bit版インターネットエクスプローラ6.0

 通常の32-bit版インターネットエクスプローラ6.0。64-bit版インターネットエクスプローラ6.0では32-bit版Flashプラグインなどが実行できないため、既存環境との互換性を維持するためにこの32-bit版が実装されている。ユーザエージェントは、

Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.2; WOW64)

 という値を返す。「WOW64」という文字列が付記されている点に注目。


【写真】 64-bit版インターネットエクスプローラ6.0

 こちらは64-bit版インターネットエクスプローラ6.0。64-bitネイティヴで作られたインターネットエクスプローラだが、違いはわからない。32-bit版との速度差もないように感じられる。ユーザエージェントは

Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.2; Win64)

という値を返す。「Win64」の文字列が入っているのは当然といえば当然か。


【写真】 システムのプロパティ

 プロセッサ名は「Itanium2」と表記されている。


【写真】 Windowsのバージョン情報

 「Windows Server 2003 Enterprise Edition for 64-bit Itanium-based systems」という文字が見て取れる。


【写真】 フォルダ構成

 AlphaNTユーザにはなじみの深い「Program Files (x86)」ディレクトリのほかに「SysWOW64」や「ime (x86)」などがある。


最終更新日時:2004/01/27 17:27:38